子供写生大会《撮影 内田千鶴子》

10月28日、車山高原(長野県茅野市)において、フランス車のお祭り、フレンチブルーミーティング2012が開催された。主催はフレンチブルーミーティング実行委員会。

1987年に第1回が開催されてからはや25年、今年もフレンチブルーミーティングが開催された。主催者によると、第1回目は100人にも満たない参加者だったものが、昨年は3000台、7000人も参加する、大きなお祭りに成長したという。「参加者全員が主役」という始めたときからのポリシーは、現在も変わらず、理屈抜きの楽しいイベントであると話す。

今年は残念ながら、小雨の中での開催となったものの、そんな天候は関係ないかのように、車山はフランス車で埋め尽くされた。主催者がいうように、メイン会場であるグラウンドでは、家族連れの参加者たちが思い思いに楽しんでいたのが印象的であった。さらに、ジムカーナ大会や2CVクランクかけ競争、ビンゴ大会など、参加者の誰もが楽しめるような工夫も凝らされている。ジムカーナ大会は、チャイルドシートに子供を乗せて、奥様が運転し、ご主人が助手席からコースを誘導するという微笑ましい光景も見られた。

一時は、比較的新しいクルマの参加が多い傾向にあったが、ここ数年は60年代から70年代を中心とした参加車が増え、見学者の目を楽しませていた。

ジムカーナに参加したシトロエン・CX《撮影 内田千鶴子》 シトロエン・2CVクランク掛け競争《撮影 内田俊一》 プジョー505《撮影 内田千鶴子》 シトロエン・DS《撮影 内田千鶴子》 非常に珍しいシトロエン・DSデカポタブル。日本では数台しか存在しない。《撮影 内田千鶴子》 シトロエン・2CVフルゴネット《撮影 内田千鶴子》 シトロエン・2CV《撮影 内田千鶴子》 シトロエン・BX16TRS。今年で生誕30周年だ。《撮影 内田千鶴子》 日本未導入のフランス車が見られるのも、このイベントの魅力。ルノー・メガーヌカブリオレ《撮影 内田俊一》 フレンチブルーミーティング2012開催《撮影 内田千鶴子》 フレンチブルーミーティング2012開催《撮影 内田俊一》