SEMAショー12で初公開されるフォード マスタングのカスタマイズカー6台

米国の自動車大手、フォードモーターは10月30日、ラスベガスで開幕するSEMAショー12において、フォード『マスタング』のカスタマイズカー6台を初公開する。

6台のカスタマイズカーは、マスタングのカスタマイズを得意とする地元米国の4チューナーの最新作。中でも、「DSO Eyewear」が手がけた1台は、5.0リットルV型8気筒ガソリンエンジンを積む「マスタングGT」の6速ATをベースに、ツインスクリュータイプのスーパーチャージャーで過給。最大出力は750psを引き出す。

足回りは、アイバッハ製サスペンションとブレンボ製ブレーキで強化。カーボンファイバー製ボディキットをはじめ、Rockford製ハイエンドオーディオシステムも追加している。

また、「Mothers」、「Autosport Dynamics」、「RTR」の3チューナーが共同製作したマスタングGTは、最大出力を650psまでパワーアップ。サスペンションはサーキット向けにセッティングされ、RTRのカーボンファイバー製ボディキットも採用する。

さらに、「Ringbrothers」が出品する1台は、ストリートマシンをテーマとしたカスタマイズを施す。5.0リットルV型8気筒ガソリンエンジンを積むマスタングGTをベースに、スーパーチャージャーで過給。サスペンションやブレーキを強化し、大径ホイールとワイドタイヤを履く。迫力のカーボンファイバー製ボディキットも装備された。

SEMAショーは毎年秋、米国ラスベガスで開催されるチューニングカー&カスタマイズカーの一大イベント。日本のオートサロンとドイツのエッセンショーと並んで、世界三大チューニングカーショーと呼ばれる。

SEMAショー12で初公開されるフォード マスタングのカスタマイズカー6台 SEMAショー12で初公開されるフォード マスタングのカスタマイズカー6台 SEMAショー12で初公開されるフォード マスタングのカスタマイズカー6台 SEMAショー12で初公開されるフォード マスタングのカスタマイズカー6台 SEMAショー12で初公開されるフォード マスタングのカスタマイズカー6台