シンガポール航空、エアバスに追加発注

シンガポール航空は、総2階建て大型機「A380」を5機、最新鋭中型機「A350-900(A350XWB)」を20機をエアバスに追加発注した。

シンガポール航空は、新たに発注するA380とA350XWBを長距離路線と地域路線に導入する予定。

シンガポール航空がA380を発注するのは3回目。同社はA380の初号機を導入した航空会社で、合計発注数は24機となる。既に19機のA380を欧州、米国、アジア太平洋地域の10都市で運航させている。

また、シンガポール航空のA350XWBの合計発注数は倍増し40機となる。同社のA350-900は中距離から長距離路線で運航される予定。

A380は、2007年にシンガポール航空が商業運航を開始、現在は世界9社が運航している。標準で525座席を装備し、1万5700キロの航続距離を持ち、低コストで、環境影響を抑えながら多くの人を運ぶことができる。現在20社から257機の受注を獲得している。

3機種で構成されるA350XWBファミリーは、標準で3クラス制の270席から350席を装備する。A350XWBを導入することで同サイズの競合機と比べて燃費とCO2排気を25%削減することができる。

就航は2014年の予定。現在34社から558機の受注を獲得している。

A350XWB(予想図)