トヨタTS030ハイブリッド(参考画像)

10月27日、WEC(世界耐久選手権)最終戦・上海6時間レースの公式予選がおこなわれ、トヨタ『TS030 HYBRID』が、タイムアタックで最速となる1分48秒273を記録、ライバルに0.1秒差と僅差でポールポジションを獲得した。

予選2番手は、アウディのトム・クリステンセン/アラン・マクニッシュ組『R18 e-tron quattro』が1分48秒373、3番手は、同じくアウディのマルセル・ファスラー/アンドレ・ロッテラー/ブノワ・トレルイエ組『R18 e-tron quattro』で1分48秒597のタイムだった。

今大会、トヨタチームはアレックス・ブルツ選手とニコラス・ラピエール選手の2名で決勝を戦う、予選でタイムアタックを担当したのはブルツ選手、2番手のアウディ2号車に0.1秒差を付け、3度目のポールポジション獲得となった。

28日の6時間レースは、午前11時(現地時間)にスタート。

アウディ『R18 e-tron quattro』(参考画像) トヨタTS030ハイブリッド(参考画像)《撮影 瓜生洋明》 トヨタTS030ハイブリッド(参考画像) トヨタTS030ハイブリッド(参考画像)《撮影 益田和久》 トヨタ TS030ハイブリッド(参考画像)《撮影 益田和久》