ヘルプマーク

東京都交通局は、10月26日から配慮を必要としている人のための新しいマークを掲出。都営大江戸線各駅で、「ヘルプマーク」の配布を開始し、車内の優先席にステッカーを表示する。

このヘルプマーク、義足や人工関節を使用している人、内部障害や難病を抱えた人、妊娠初期の人など、援助や配慮を必要としていることが外見からは分からない乗客が、周囲の人たちに配慮を必要としていることを知らせることが目的となっている。