トヨタ ポルテ 助手席リフトアップシート+手動車いす用収納装置(電動式)《撮影 雪岡直樹》

「移動する自由」をもっと身近なものにするために、すべての人に快適で素敵な暮らしをサポートするクルマとして、Welfare(福祉)/Well(健康)/Welcome(温かく迎える)+Cabin(客室)のウェルキャブという福祉車両を多彩にラインナップしているトヨタ。

中でも最新のウェルキャブとして登場したのが、「トヨタのプチバン」こと『ポルテ』と『スペイド』だ。


◆車いすに乗ったまま乗り込める…サイドアクセス車

この2台はデザイン違いの兄弟車なので、室内の造りはどちらも同じ。助手席側が1枚の大きなスライドドアになり、運転席側は通常のドアが前後に1つずつある。

助手席はロングスライドができ、後席も跳ね上げ収納ができたりと使い勝手が独創的なコンパクトカーだ。その良さを活かした福祉車両として、ポルテ/スペイド専用で用意されているのが、脱着シートが電動で昇降する「サイドアクセス車」というもの。車椅子からシートへ乗り換える必要がないので、本人はもちろん、介助をする人への負担も少ない。

近頃は高齢のご夫婦だけで介助をする場合が多いので、なるべく重労働にならない機能が求められているとのこと。スライドドアを開けると、小さな車輪のついた脱着シートが助手席に収まっている。座ってみると、通常よりアイポイントがちょっと高めなくらいで、座り心地はいつものシートとほとんど違和感はない。

フットプレートに足を置いて、電動のスイッチを押してもらうと、脱着シートがゆっくりと動きだした。とてもスムーズな動きで、もともとポルテのフロアが低いので、高さに対する恐怖感はまったくない。ドアの開口部が広く天井も高いから、足や頭や身体をぶつける心配もなかった。また、スライドドアなので介助する人が左右どちらからでも手を貸せるのも便利だ。

そして専用車椅子で乗り降りする時は、「サイドアクセスユニット」という固定装置を本体に取り付けて行う。この装置が女性にはかなり重たいが、一度付けてしまえばそうそう頻繁に取りはずすことはなさそうだ。ただしサイドアクセス車については、モーターユニットが座面下に大きく張り出してしまうため、助手席側の後部座席が不要不可(座面部には物置き用のトレイが設置されている)車検証上の乗車定員が3人になってしまうので注意が必要だ。


◆重たい車いすの積み降ろしに不可欠…車いす収納装置

さて、もう一方のポルテは「助手席リフトアップシート+手動車いす用収納装置(電動式)」仕様。このモデルはラゲッジに小さなクレーンが付いており、畳んだ車いすを電動で引き上げて積み降ろしを助けてくれる。

収納装置の最大吊り上げ荷重は30kg。普段、旅行用スーツケースの積込みにも大変な思いをしている私にとって、これはとても魅力的な機能だ。使い方も簡単で、車椅子が揺れないように手を添えてスイッチを操作するだけ。ミニバンはラゲッジスペースの敷居が高めなので、この装置があれば車いすの収納はかなりスムーズにできる。

また、助手席リフトアップシートは、文字通り助手席シートが回転し、リフトダウン/アップするというもの。座面下の側面に昇降のスイッチがあるが、専用のワイヤレスリモコンも付くので介助者が腰をかがめる必要はない。

これらの機能は介助される側も介助する側も負担も少させてくれる、とても便利な装備。これなら毎日のお出かけが楽しみになるのは間違いないと感じた。