「スマートフォン&モバイル EXPO・秋」に出展したトヨタマップマスター

スマートフォン&モバイル EXPO・秋など、4展示会からなるIT系専門展「2012 Japan IT Week 秋」が10月24〜26日まで幕張メッセで開催。そんな中、トヨタ系ナビの地図データの供給で知られるトヨタマップマスターが「てまぱなび」という興味深いアプリを出展していた。

「てまぱなび」はスマートフォンで取得したGPSの情報を元に、施設内の位置情報や施設・イベント情報をスマートフォン上で表示できるアプリ。会場では2013年3月31日までの期間限定でiPhone向けに配信されている「東山動植物園」を例に具体的な紹介を行っていた。このアプリは長崎県のハウステンボスでも採用されており、これまで地図アプリは数多く登場してきたが、テーマパーク内のガイドまでを行うアプリは初のことだという。

アプリは、園内の動植物や遊園地などの位置を確認できるほか、東山動植物園のホームページともリンクすることでイベント情報などを知ることも可能だ。動物はそれぞれの特徴が表示され、餌を与えてもよい動物などもガイドされる。園内の施設を目的地に設定すれば簡単なルートガイドも行う。また、「てまぱなび」をインストールしたスマートフォンを持つ同行者の位置情報が表示されたり、あらかじめ登録した駐車位置をワンタッチで表示できる機能も搭載する。

現段階ではAndroid版には提供していないが、Android端末では搭載されているフェリカを使って、クーポンなどのお得情報を入手したり、施設内でのスタンプラリーや人気投票への参加できるような展開も企画中。フェリカに対応するICタグは簡単に交換でき、内容の書き換えも可能ということからより多彩なイベントに利用は可能だという。

「てまぱなび東山動植物園」のトップ画面。画面をタッチしてスタート 「動物園」のカテゴリーを選ぶと、園内の地図上に動物のアイコンを表示。その場所は目的地に設定することも可能 駐車場情報だけでなく、駐車した位置も表示できる イベント情報はホームページとリンク。植物園の開花情報などもここでわかる 動物の詳細な情報を表示。お父さんが知ったかブルできるページでもある フェリカ対応のAndroid端末なら、ICタグにタッチすると、クーポンを取得したり、スタンプラリーなどで楽しむことも可能になる グループを設定して、互いの位置情報をスマホ上に表示可能。待ち合わせ場所の登録もできる