キミ・ライコネン(ロータス)(参考画像)

キミ・ライコネンは、ロータスの現状戦力を見れば、2007年にタイトルを獲得したときのような土壇場の逆転はないという悲観的な予想を初めて口にした。

シーズン最後の2戦に優勝して、ルイス・ハミルトンやフェルナンド・アロンソといった強敵を出し抜いた2007年のような、逆転の可能性を認めつつもライコネンの終盤予想はどちらかというと現実的だ。

「チャンスはまだ消えてはいない。だけど2007年とは状況は違う。あの年のマシンは、シーズンを通じて常に勝てるだけのポテンシャルがあった。対して今年のロータスは、全車のなかでファステストと言うにはやや弱く、何か別のファクターがないと優勝には手が届かないと思う。もちろん、チャンスが完全に消えるまでは頑張るしかないが、(2007年とは)状況がまったく違う。この先のレースで目に見える改善があれば話は別だけどね」

インドGPでライコネンとロマン・グロージャンは、フロントウイングのアップデートに加えて、コアンダ式エキゾーストを使用する予定だ。

キミ・ライコネン(ロータス)(参考画像) キミ・ライコネン(ロータス)(参考画像)