ジヤトコ・ヘリテージコーナー

ジヤトコは、進化し続けてきたAT(自動変速機)/CVT(無段変速機)の40年以上の歴史を保存・伝承するため、富士地区ウエルカムセンター内に「ジヤトコ・ヘリテージコーナー-AT/CVTの進化-」をオープンした。

運転しやすく安全で快適な自動変速機を搭載するクルマは日本、米国を始め、グローバル市場で急速に増えている。ジヤトコは、40年以上の技術の蓄積を生かし、これまで数々の世界初の新技術を搭載したAT、CVT、ハイブリッド車用トランスミッションを開発し、自動車メーカーに提供してきた。

特に、CVTのパイオニアとして1997年に金属ベルト式CVTの生産を開始して以来、業界をリード、2011年に全世界で生産されたCVT台数に占めるジヤトコのシェアは業界トップの約55%となっている。

新設したヘリテージコーナーには、1997年に開発したFF中型車用ベルトCVT「F06A」や2009年に開発したFF軽・小型車用副変速機付CVT「CVT7」など、ジヤトコ製の世界初の7製品を展示する。金属ベルトCVTとトロイダルCVTの作動原理を体験できるコーナーも設けた。

1958年に世界で初めて量産されたオランダDAF社製ゴムベルト式CVT「Variomatic」も展示する。

地元の小学生などを対象に、CVT工場とヘリテージコーナー見学も受け入れる。