現行輸送モデルとの比較

ヤマトHD傘下の沖縄ヤマト運輸は、ANAが国際物流の拠点としてハブを置く沖縄で通関免許を取得。11月15日より沖縄での24時間通関を活用したアジア圏への「国際宅急便」の最短翌日配達を開始する。

国際宅急便の最短翌日配達は、まず書類から開始し、以降は順次その他の貨物や国際クール宅急便に拡大する。

また沖縄を発着する深夜便を含む豊富なANAの航空ネットワークと、24時間の通関、国際物流特区での保税倉庫などの機能と施設をフル活用した新たな「アジア圏ドアツードア一貫輸送プラットフォーム」の構築を目指す。

ANAでは、2009年10月に「沖縄貨物ハブ」を立ち上げてから今秋で3周年を迎え、「沖縄物流国際ハブ」のスピーディな路線・ダイヤに加え羽田国際化などにより国際線ネットワークは次々に拡大しており、世界31都市へ週992便就航している。

今回のヤマトHDとの提携強化により、成長するアジアの需要取り込みを加速、2013年度中には、10号機目となる貨物専用機「ボーイング767-300BCF」を1機増機するなど、今後もアジアの貨物ネットワークをさらに拡充させていく。

新モデル概要・沖縄ハブ利用フロー