フォルクスワーゲングループ マルティン・ビンターコルン取締役会会長(サンパウロモーターショー12)《撮影 瓜生洋明》

欧州の自動車最大手、フォルクスワーゲングループ。信用不安で欧州の新車販売が落ち込む中、同社が2012年の世界新車販売目標に関して、強気の見方を示した。

これは10月24日、フォルクスワーゲングループの2012年1‐9月期の決算発表の場で、マルティン・ビンターコルン取締役会会長が明らかにしたもの。同会長は、「2012年の世界新車販売で、野心的な目標の達成を約束する」との見通しを示したのだ。

フォルクスワーゲングループの2012年1-9月世界新車販売は、前年同期比9.7%増の671万台。しかし、西欧(ドイツを除く)は信用不安の影響で、6%減の143万台にとどまった。

そんな中での、ビンターコルン取締役会会長の発言。同会長は、野心的な目標達成を可能にする理由として、「グループ内の12のブランドがフレッシュで魅力的な商品を投入。世界の主要市場で存在感を増しているため」とコメントした。

フォルクスワーゲングループは2018年までに、世界販売台数や収益性でトヨタ自動車を抜き、世界ナンバーワンの自動車グループになることを目指している。

フォルクスワーゲングループ マルティン・ビンターコルン取締役会会長(サンパウロモーターショー12)《撮影 瓜生洋明》 フォルクスワーゲングループ マルティン・ビンターコルン取締役会会長(サンパウロモーターショー12)《撮影 瓜生洋明》 フォルクスワーゲングループ マルティン・ビンターコルン取締役会会長(サンパウロモーターショー12)《撮影 瓜生洋明》 フォルクスワーゲングループ マルティン・ビンターコルン取締役会会長(サンパウロモーターショー12)《撮影 瓜生洋明》 フォルクスワーゲングループ マルティン・ビンターコルン取締役会会長(サンパウロモーターショー12)《撮影 瓜生洋明》