500ツインエア ラウンジに設定されたグレー/ブラックのファブリックシート

フィアット クライスラー ジャパンは、『500』の全ラインアップに、従来契約料が必要だったメンテナンスプログラム「フィアット イージー ケア」を標準付帯すると発表した。

これまで、フィアットでは、3年または走行距離10万kmまでをカバーするメーカー基本保証、新車登録時より3年間、24時間年中無休で緊急のトラブルに対処するロードサービスに加え、カーライフをサポートするメンテナンスプログラム、「フィアット イージーケア」を6万8000円にて販売、1年目、2年目の定期点検および定期点検時におけるメーカー推奨定期交換部品の交換を行っていた。今後は、「フィアット イージー ケア」を標準装備することで、顧客により一層の安心を提供していく。

また同社は、500の仕様についての変更も発表。ツインエアエンジン搭載モデルでは、充電のタイミングを最適化するスマートオルタネーターを新たに装着。CO2排出量を10・15モード燃費換算値で0.5km/リットル向上させた。

さらに、上位グレード「500ツインエア ラウンジ」には、これまで同グレードでは設定がなかったブラックのインテリアカラーと、グレー/ブラックのファブリックシートの組み合わせを導入した。

フィアット イージー ケア