22日午前8時30分ごろ、熊本県熊本市南区内の市道で、交差点を進行していた軽トラック同士が出会い頭に衝突する事故が起きた。双方のクルマは道路に隣接する水田へ転落。一方を運転していた76歳の男性が死亡。もう一方の運転者も軽傷を負っている。

熊本県警・宇城署によると、現場は熊本市南区城南町付近。交差点に信号機は設置されていない。軽トラックは双方とも減速することなく交差点へ進入。そのまま出会い頭に衝突し、2台とも路外に弾き飛ばされた。

クルマは道路脇の水田に落下。一方のクルマを運転していた同区内に在住する76歳の男性は自力で車外に脱出したが、その後に意識を失って転倒。近くの病院へ収容されたが、事故から約19時間後に死亡した。もう一方のクルマを運転していた甲佐町内に在住する54歳の男性は一時車内に閉じ込められたが、後に消防が救出。足を打撲するなどの軽傷を負った。

現場は水田地帯の中にある見落としの良い交差点。一方に一時停止義務があった。警察ではコリジョンコース型事故の可能性も視野に入れながら、事故発生の経緯を詳しく調べている。