ダイハツプレスカンファレンスのようす(ジャカルタモーターショー12)《撮影 柴田基宏》

ダイハツ工業は10月25日、2013年3月期の第2四半期累計(4-9月期)決算を発表した。国内外ともに販売が高水準となり、営業利益は前年同期比75.4%増の737億円と、中間期では最高を確保した。

各利益段階で最高を更新し、純利益は2.1倍の444億円だった。国内販売は、主力の軽自動車がエコカー補助金などの効果もあって37%増の33万6000台と、中間期では最高となり、シェアもトップを維持した。

海外でもインドネシアでの販売が18%増の8万1000台となって最高を更新するなど好調だった。売上高は21.3%増収の8627億円。中間期は好調だったものの、営業利益1200億円(前期比4%増)などとする通期予想については、据え置いた。

東京で会見した伊奈功一社長は、据え置きについて「エコカー補助金終了後の国内市場動向や、中国経済減速の影響などもあるため」と説明した。一方で「営業利益1200億円についてはミニマムと考えており、上ぶれするよう販売や商品での施策を講じていく」と強調した。

ダイハツ・D-X(ジャカルタモーターショー12)《撮影 土屋篤司》