アバルト・プントスコルピオーネ

フィアット クライスラー ジャパンは、アバルト『プント エヴォ』を『プント』に名称変更するとともに、新しいプントシリーズとしてラインアップの拡充を図り、特別仕様車と限定車の2モデルを導入する。

今回導入したのは、特別仕様車の『プントスーパースポーツ』と限定車『プントスコルピオーネ』。アバルトの創始者であるカルロ アバルトがさそり座の期間中に誕生したことにちなみ、さそり座の初日となる10月24日より販売を開始した。

特別仕様車のプントスーパースポーツは、アバルトを象徴するボディカラー、グリージョ カンポヴォーロ(グレー)を採用。「アバルト124ラリー」にちなみ、ボンネットとルーフパネルに、マットブラックペイントとスペシャルストライプを施したほか、ホイールもブラックペイントとし、スポーティで精悍な外観を演出。性能面では、エッセエッセKONIキット装着車と同様に、エンジン出力をノーマルの163psに対し180psにアップしている。

限定車のプントスコルピオーネは、全世界で199台、日本へは40台のみ導入。エクステリアは、ネロ スコルピオーネ(ブラック)のボディカラーをベースに、スーパースポーツと同様の特別ペイントを施し、ブラックペイントされた18インチアロイホイールを採用。性能面ではエンジン出力の向上だけでなく、エッセエッセKONIキットの標準装備など、シャシー性能も大幅に向上させている。また、前席にはSabeltシートを採用しており、ホールド性を高めてスポーツドライビングをサポートする。

価格はプントスーパースポーツが309万円、プントスコルピオーネが374万円。

アバルト・プントスーパースポーツ