ブリヂストンのグループ会社で、ハンガリーにあるブリヂストン タタバーニャ テルメレー カーエフテー(タタバーニャ工場)は、乗用車用ラジアルタイヤ(PSR)の生産能力の増強を決定した。

総投資額は約2億6700万ユーロ(約267億円)で、2017年上期中に工場のPSR生産能力を日産約1万2000本増強し、日産約1万8000本体制とする予定。