21日午後5時15分ごろ、栃木県鹿沼市内の国道121号で、交差点を進行していた乗用車と自転車が出会い頭に衝突する事故が起きた。自転車に乗っていた76歳の女性が収容先の病院で死亡している。

栃木県警・鹿沼署によると、現場は鹿沼市下石川付近で片側1車線の直線区間。交差点には信号機が設置されている。乗用車は青信号に従って交差点へ進入したところ、減速しないまま右方向から交差進行してきた自転車との出会い頭衝突に至ったものとみられている。

この事故で自転車に乗っていた76歳の女性が頭部を強打。近くの病院へ収容されたが、同日夜に死亡した。警察はクルマを運転していた壬生町内に在住する78歳の男性から自動車運転過失致死容疑で事情を聞いている。

事故の状況から、警察では自転車側が信号を無視するか、あるいは看過した可能性が高いとみて、事故発生の経緯を詳しく調べている。