アラスカ航空、ボーイング737MAX8

アラスカ航空は、ボーイング737MAX8を20機、737MAX9を17機、次世代737-900ER型機を13機の計50機をボーイングに発注した。

50機の調達額は、リストプライスで50億ドル以上となり、アラスカ航空の1回の発注としては過去最大となる。

アラスカ航空は、現在120機のボーイング737型機を運航しており、25機を発注済み。ここに今回の50機を加え、将来の航空旅行需要に合わせたサービスを展開していく。

737MAXは、既に市場で高い評価を得ている次世代737型機に新型エンジンを搭載する派生型機。エンジンは、CFMインターナショナルの737型用LEAP-1Bを搭載し、単通路機市場で最高の効率性、信頼性、客室内の快適性を提供するとしている。

また、現時点で最高の効率性を持つ既存機と燃料消費率を比較すると13%、座席当たりの運航コストを競合他社が現在開発中の機体と比較すると8%向上する。

ボーイングでは、今回の受注で737MAXの累計受注が858機となる。