「男女間におけるソーシャルメディア活用」に関する調査《出典 電通PR》

電通パブリックリレーションズは、社内横断組織「ソーシャルメディア実験室アンテナが日本在住の男女を対象に、「男女間におけるソーシャルメディア活用」に関する調査を実施した。

今回、ソーシャルメディアによって、人々のコミュニケーションへの影響を調べるため、コミュニケーションの中でももっとも身近な題材のひとつである、男女間の恋愛コミュニケーションをテーマに、ソーシャルメディアを利用している15歳以上39歳以下の独身男女、合計555人(1都3県在住)に対してアンケートを行った。

ソーシャルメディアをきっかけに、異性と親しくなったり、彼氏・彼女ができたことがあるかを聞いたところ「彼氏・彼女ほどではないが、親しくなった異性ができた」と回答した人は36.3%と全体の3割を超え、「彼氏・彼女ができた」と答えた人は17.5%もいた。

ステージ属性別に比較すると、「親しくなった異性ができた」と回答したのは、学生が46.2%、29歳以下社会人が37.9%、30代社会人が28.6%の順で多く、「彼氏・彼女ができた」と回答したのも、学生の24.7%、29歳以下社会人の15.3%、30代社会人の14.1%の順に多い結果となった。

ソーシャルメディア上でどんな人とつながっているかを聞いたところ、1位は「友達」で95.3%。2位以下は「学校の先輩・後輩」(47.6%)、「彼氏・彼女」(35.1%)と続いた。「元カレ・元カノ」とつながっている人も21.1%いた。

「ソーシャルメディア上で、彼氏・彼女とどのような関係でいたいか」と尋ねたところ、「ソーシャルメディア上でもつながりたい」と積極的な姿勢を見せた人が全体で20.0%だったのに対し、「相手が望めばつながってもいい」は44.9%、「本当はつながりたくないが、すでにつながってしまっている」が8.8%、「つながりたくない」が26.3%と、合計8割の人がソーシャルメディア上で彼氏・彼女とつながることに対し、否定的な姿勢を見せた。

ソーシャルメディア上で彼氏・彼女とつながっていて「良かったこと」「悪かったこと」をフリーアンサーで聞いたところ、「良かったこと」「悪かったこと」共に、もっとも多かった回答は「特になし」だった。

恋愛をする上で、ソーシャルメディアは必要なツールかどうかを聞いたところ、好きな異性とコミュニケーションをとるツールとしては、半数以上の56.4%が「必要だと思う」「あってもいい・あったら活用する」と回答、利用に積極的・好意的な姿勢を見せた。

しかし、彼氏・彼女との恋愛関係を維持するツールとしては「必要ない」と答えた人が38.6%で1位。利用に積極的・好意的な「必要要だと思う」「あってもいい・あったら活用する」の合計35.5%を上回る結果となった。

「男女間におけるソーシャルメディア活用」に関する調査《出典 電通PR》 「男女間におけるソーシャルメディア活用」に関する調査《出典 電通PR》