日産シーマ新型

初の3ナンバー専用車だった初代『シーマ』が登場したのは24年も前。最新型となる現在のモデルは、同じハイブリッドシステムを持つ『フーガ』の事実上のストレッチ版として登場した。

単純にサイズを比較すると、シーマはフーガより全長は175mm長く、ホイールベースは150mm長い。フェンダーの抑揚など、もともと表情が饒舌な外観デザインは、ボディの延長で希釈された分、シーマのほうがより上品に見える気もする。メッキのフロントマスクも、思いのほかシンプルなデザインだ。

長さ分は当然ながら後席スペースの拡大に充てられている。パワーリクライニング機構等が備わる後席はまさにリムジン感覚。1人での試乗につき、この席に着座してのドライブは叶わなかったが、居心地のよさを実感した。トランクスペースは、装備、機能類の侵食で割を喰っている。

走りはなめらかだ。モーターで発進でき、走行後も、メーター内にEVの緑のインジケーターを点灯させて適宜モーターのみで走行できるハイブリッドは、これだけの大型車を走らせていることの自覚の上で、少し気を楽にしてくれる。

加減速にも段付きなどが一切ない。フーガ・ハイブリッドでは主査の「変速等であえて実感できるくらいのショックは残した」との説明があったが、そういった事象が一切まるめられている。3.5リットルのV6(306ps/35.7kg-m)のフルパワーは滅多に使わないような気がする。乗り心地も頼もしく優しい。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年より『GOLD CARトップ・ニューカー速報』の取材/執筆を皮切りにフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。

日産シーマ新型 日産シーマ新型 日産シーマ新型