サービス提供会社別 ステーション数推移

ジェイティップスは、同社運営のカーシェアリングの比較情報サイト「カーシェアリング比較360°」のデータベースを元に同サイト掲載のカーシェアリング主要6社の市場動向報告(2012年第3四半期版)を公開した。

2012年第3四半期(7月〜9月)のステーション数は第2四半期時点に比べ5.4%増加、ステーション車両台数は6.0%増加していることがわかった。

ステーション数では、トップの「タイムズプラス」と2位「オリックスカーシェア」の伸び率は、一桁台に留まったものの変わらず業界を牽引。3位の「カレコ」は、34か所を増設し、第2四半期に続いて7.7%と高い伸び率を示している。

車両台数では、「タイムズプラス」が4000台を突破してからも順調に台数を伸ばし、2位の「オリックスカーシェア」との差がさらに開いた。「オリックスカーシェア」にとっては、第2四半期に若干つまった差を離されてしまった形だが、日産自動車との連携でカーシェア拠点に日産の人気車種を置き、通常の最大5割安で利用可能にするなど新たな展開もみせている。

同社では、第2四半期の伸長(対前年ステーション数:7.1%増、同車両台数:6.4%増)に比べると伸び率は若干鈍化したものの、第4四半期に向けての助走期間とも捉えられるとしている。当該期間では、「ガリバーカーシェアメイト」の事業撤退など、わずかながら減退要因もあったが、ステーション数合計で5000か所を突破し、今後もステーション、および車両の増強はまだまだ続くと同社は予測する。

サービス提供会社別 ステーション数推移 サービス提供会社別 車両台数推移 サービス提供会社別 車両台数推移