トヨタ・加藤光久副社長《撮影 瓜生洋明》

現地時間10月22日に開幕したサンパウロモーターショー12において、トヨタは2013年初頭をめどに『プリウス』をブラジル市場へ投入することを発表した。

これは同社のプレスカンファレンスに登壇した加藤光久副社長が明らかにしたもの。加藤副社長は「渋滞の多いブラジルでは静かで環境に良い車が求められる」とプリウス投入の狙いを語った。

現地生産は行わず日本からの輸入となるため、約35%の関税により、価格は120万レアル(約480万円)程度になる見込み。加藤副社長は「それほど台数が出るとは考えていないが、将来を見据えての投入」と述べた。

なお、『プリウスc』や『プリウスα』などの投入予定は無いという。

トヨタ・プレスカンファレンス(サンパウロモーターショー12)《撮影 瓜生洋明》 トヨタ・プリウスのブラジル第1号車の鍵を受け取るジーコ氏。《撮影 瓜生洋明》