パイオニアはカーオディオのハイエンドモデル、『カロッツェリアX』の一連商品をアピール。《撮影 石田真一》

オーディオ・ホームシアター展でのパイオニアは、ハイエンド・カーオーディオの『カロッツェリアX』シリーズを中心としたものだった。ホームオーディオにこだわる層には定評のあるシステムで、デモカーによる試聴も行われていた。

システムコントロールチューナーの『RS-D7X III』をメインに、デジタルプリアンプ『RS-P99X」、4チャンネルパワーアンプ『RS-A99X』を組み合わせたシステム。これをアウディ『A5』にインストールした状態で展示している。

カーナビは『楽ナビ』の最新モデルではなく、iPhoneやAndroidとの接続を前提とした『アプリユニット SPH-DA09/DA05』を持ち込んでいたのが意外だった。

説明員によると、スマートフォンと接続して使うという、これまでにはなかった商品をオーディオ好きにアピール狙いがあったようだ。ご近所乗りに使うセカンドカーなどに提案したという。

システムコントロールチューナーの『RS-D7X III』。《撮影 石田真一》 1DINサイズなので、輸入車にもピッタリだ。《撮影 石田真一》 RS-D7X III専用のリモコン。《撮影 石田真一》 ナビはアプリユニットをアピール。音というより、スマートフォンと接続して使うという目新しさをアピール。《撮影 石田真一》