シボレー オニキス(サンパウロモーターショー12)《撮影 瓜生洋明》

米国の自動車最大手、GMは10月22日、ブラジルで開幕したサンパウロモーターショー12において、シボレー『オニキス』をワールドプレミアした。

オニキスは、GMがブラジル市場向けに開発した小型5ドアハッチバック。フォルクスワーゲンの『ゴル』をはじめ、強豪ひしめくブラジル小型車市場へ投入される。

同車はGM社内で、「オニキスプロジェクト」として開発が進められてきた。GMによると、プロジェクトの名前が、そのまま車名になったのは初のケース。オニキスが同プロジェクトの第一号車であることから、セダンなどの派生車種の追加も予想されるところ。

オニキスの搭載エンジンは、排気量1.0リットルと1.4リットルのガソリン。トランスミッションは5速MTに加えて、『クルーズ』や『ソニック』と同じ6速ATも用意。GMによると、このクラスに6速ATは珍しいという。

またオニキスには、GMの最新インフォテインメントシステム、「マイリンク」も設定されている。

シボレー オニキス(サンパウロモーターショー12)《撮影 瓜生洋明》 シボレー オニキス(サンパウロモーターショー12)《撮影 瓜生洋明》 シボレー オニキス(サンパウロモーターショー12) シボレー オニキス(サンパウロモーターショー12) シボレー オニキス(サンパウロモーターショー12) シボレー オニキス(サンパウロモーターショー12) シボレー オニキス