三菱電機は「音にこだわった」というナビを来場者にアピール。《撮影 石田真一》

三菱電機はオーディオ・ホームシアター展の会場で、今年7月から発売を開始したカーナビ、『NR-MZ60』のデモンストレーションを行っていた。市販カーナビのメーカーとしてはお世辞にもメジャーとは言えない三菱だが、このモデルには相当の自信を持っているようだ。

NR-MZ60は地図容量16GBのメモリーナビ。現状での実売価格は14万円程度と、他社のミドルクラスナビと大差ないが、従来の同社製ナビが搭載していたものより高精度な32bitのD/Aコンバータを採用。「音にこだわったこと」が最大の特長となっている。このコンバータは、価格が約80万円という同社製の車載用デジタルプロセスセンター『DA-PX1』に採用されているものと同様で、カーナビに搭載されるのは初めてとなる。

音質調整機能も充実しており、イコライザーはNR-MZ60で左右独立10バンド、上位モデルの『NR-MZ60 PREMI』(実売約20万円)では同31バンド搭載。リスナーとスピーカー間の距離を厳密に調整することで、音の実態感を高めるタイムアライメント機能も用意されている。

実車を持ち込んでのデモンストレーションは、ノーマルのNR-MZ60(ナビを入れ替えただけであとは何もいじらず)と、PREMI(スピーカーを交換し、ドアも処理)の二つで行われていたが、いずれもタイムアライメント機能のおかげか、目の前に音源があるかのような印象だった。特に前者は「ナビを換えただけ」ということもあり、「それだけでこんなに違いが出るのか」と驚くしかなかった。

説明員は「ナビ機能はオマケみたいなものです」としていたが、ミドルクラスのナビとしては十分すぎるほどの機能を有している。純正オプションとなるリアカメラを装着することでレーンアシスト機能を付加できるほか、会員制サービス『OpenInfo』に加入することで、パイオニアが提供するリアルタイム渋滞情報『スマートループ』も使えるようになる。

『NR-MZ60』はノーマルモデルと、音響関連の設定項目を多くした上位モデル『NR-MZ60 PREMI』の2種類。《撮影 石田真一》 ナビ機能も充実。会員制サービスに加入し、Bluetoothで携帯電話と接続することによってリアルタイム渋滞情報の取得も可能。《撮影 石田真一》 自慢はタイムアライメント機能。ノーマルなスピーカーであっても音源が目の前にあるかのような印象となる。《撮影 石田真一》 詳細設定のほか、簡易設定もある。《撮影 石田真一》 上位モデルのPREMIは詳細な設定も可能。《撮影 石田真一》 イコライザーも31バンドとなる。《撮影 石田真一》