フォルクスワーゲン Taigun(サンパウロモーターショー12)《撮影 瓜生洋明》

フォルクスワーゲンは10月22日、ブラジルで開幕したサンパウロモーターショー12において、コンセプトカーの『Taigun』を初公開した。

車名は『ティグアン』(Tiguan)と非常に似ているが、これはフォルクスワーゲンの狙いでもある。Taigunはティグアンの弟分として、将来発売予定の小型SUVを示唆したコンセプトカーなのだ。

ボディサイズは全長3859×全幅1728×全高1570mm、ホイールベース2470mm。ティグアン(全長4430×全幅1810×全高1710mm。ホイールベース2605mm)と比較すると、ひと回り以上小さい。

フロントマスクには、フォルクスワーゲンのDNAを表現。張り出したフェンダーが、逞しさを演出する。前後のオーバーハングが短いのも特徴。オーバーハングはフロントを708mm、リアを681mmに抑え、スポーティさが強調される。

室内は、2+2の4名乗り。明るい色使いは若いユーザーを意識したものだ。荷物スペースの容量は280リットル。後席を倒せば、987リットル(いずれもVDA計測法)に拡大する。

搭載エンジンは、新世代コンパクトカー、『up!』用がベース。直噴1.0リットル直列3気筒ガソリンをターボチャージャーで過給した「TSI」ユニットで、最大出力は110ps、最大トルクは17.8kgm。車両重量は985kgに抑えられ、0‐100km/h加速9.2秒、最高速186km/hの性能を実現する。欧州複合モード燃費は22.2km/リットルと、環境性能も高い。

フォルクスワーゲン Taigun(サンパウロモーターショー12)《撮影 瓜生洋明》 フォルクスワーゲン Taigun(サンパウロモーターショー12)《撮影 瓜生洋明》 フォルクスワーゲン Taigun フォルクスワーゲン Taigun フォルクスワーゲン Taigun フォルクスワーゲン Taigun フォルクスワーゲン Taigun フォルクスワーゲン Taigun フォルクスワーゲン Taigun フォルクスワーゲン Taigun