シャープ・単結晶太陽電池モジュール「NU-200AB」

シャープは、セルの面積を広げ、200Wの高出力と15.1%のモジュール変換効率を実現した切妻屋根対応の単結晶太陽電池モジュール「NU-200AB」を発売する。

新製品は、セルの四隅を拡大することで発電する面積を従来機「NU-167BA」に比べ約1.4%拡大。また、セルの枚数も従来機の42枚から48枚へ増やすとともに、太陽光を多く取り込む低反射ガラスを採用することで、200Wの高出力と15.1%のモジュール変換効率を実現。切妻屋根での設置容量を約20%アップすることができる。

また、デザインは、黒色の落ち着いた外観で、日本の切妻屋根と美しく調和する。

価格は9万4800円。

シャープホームページ