9インチモニターが自慢の『AVN-ZX02i』、フィットパネルは現行車以外も用意する。《撮影 石田真一》

車種別のフィットキットを用意するとともに、DINサイズにこだわることない大画面を…というのは、ここ最近では市販カーナビのトレンドとなっている。富士通テンはオーディオ・ホームシアター展に9インチモニターを備えたイクリプス『AVN-ZX02i』を持ち込んでいたが、アピールしていたのは大画面というより、AVN-ZX02i特有の機能である「クルマでDS」の方だった。

これはAVN-ZX02iに同梱されているソフトを『ニンテンドーDS』にセットして使うもの。ナビ本体とDSはBluetoothで接続されるが、これもペアリングなどの面倒なことを考えることなく、画面をワンタッチするだけで済む。

DSと接続することで、JTBが提供する「るるぶDATA」をベースとした観光案内や、ご当地クイズなどのコンテンツを楽しむことができ、ドライブ中に渋滞が発生した場合にも同乗する子供を飽きさせない工夫がなされている。流通台数は約4000万台に達し、いまどきの小学生なら「ほぼ皆が持っている」というニンテンドーDSをフルに活用することで、ファミリー向けということを強くアピールしていた。

また、車両別フィットキットを用意したカーナビの中で、現行モデル以外に対応しているのもAVN-ZX02iの特長のひとつ。9インチの大画面は後席からの視認性にも優れており、セダンやステーションワゴンであればリアモニターを設置することなく、DVDや地上デジタルテレビ放送も楽しめるという。

ワンタッチでニンテンドーDSとBluetooth接続可能。ペアリング設定に悩む必要はない。《撮影 石田真一》 ニンテンドーDSは目的地設定など、リモコン代わりとして使うことも可能。《撮影 石田真一》 地図も本体から転送されてくる。どこにいるのかはDS側からも把握可能。《撮影 石田真一》 ナビ側でこのような地図表示がなされていると…。《撮影 石田真一》 DS側も簡易ながら同じ位置を示す。《撮影 石田真一》 クイズがたまに挟まれるようになっていて、渋滞が発生した場合でも飽きることがない。《撮影 石田真一》 このソフトが別売ではなく、同梱されているというのは素晴らしい。《撮影 石田真一》