KEN OKUYAMA DESIGN代表の奥山清行氏

BASFは、9月末に開催された「パリモーターショー2012」において、 同社初の試みとなる自動車シートをテーマとしたグローバルデザインコンペティションの開催を発表した。

コンテストは、自動車デザインと自動車シートの快適性を追求し、BASFの素材を活用した自動車シートのデザインコンセプトを広く募集するもの。審査は、工業デザイナーのコンスタンチン・グルチッチ氏、工業デザイナーでKEN OKUYAMA DESIGN代表の奥山清行氏、オートモーティブデザイナーのデーブ・リオン氏と、BASFのエンジニアリングプラスチック事業に携わる各地域の代表の計6人で行う。

グローバルBASFシートデザインコンペティション「sit down.move.」(シット・ダウン・ムーブ)と題する同コンペティションは、BASFのグローバルシートコンピテンスチームが、デザイナーの関心が高い素材の多くを保有・運用している、BASFのデザインユニット、designfabrik(デザインファブリック)とともに考案したもの。

昨今、自動車シートは、デザインと安全性、コスト面と機能、軽量化と省資源化、快適性と人間工学など、さまざまな要素を組み合わせなければならない複雑な材料システムとなっている。このような要件を満たす斬新なアイデア、コンセプトの提案を募集する。

入賞作品3点とそのデザインコンセプトは、 2013年3月に開催されるジュネーブ国際モーターショーで発表。賞金としてグローバルアワード(1人)には 6000ユーロ(約62万円)、リージョナルアワード(2人)には各3000 ユーロ(約31万円)が贈られる。

工業デザイナーのコンスタンチン・グルチッチ氏