三菱ふそう、環境・社会報告書2012

三菱ふそうトラック・バスは、2011年度の環境活動・社会活動をまとめた「環境・社会報告書2012」を発行した。

同社はトラック・バスという公共性の高い製品を製造・販売する企業として、環境保全を経営の最優先課題に取り組んでいるとしている。こうした取り組みについて情報開示することを目的に、毎年「環境・社会報告書」を発行している。

今回は、企業ビジョン「FUSO 2015」の概要、新型『キャンター エコ ハイブリッド』の特長と同社のハイブリッド開発の取り組みや、ISO/TS16949認証取得概要などを掲載するとともに、2011年に発表した「新環境中期行動計画」の内容および2012年行動計画について掲載している。

このうち、環境に関する取り組みと進捗状況では、2011年の生産工程におけるCO2総排出量は、7万3000tとなり、排出低減目標量1200tを上回る1660tの低減を達成した。

また、自動車リサイクル法に対応した再資源化等の2011年度実績を公表。ASR(自動車シュレッダーダスト)のリサイクル率は93.4%で法定基準の50%以上を達成した。

三菱ふそうの新ビジョン「FUSO 2015」