NECは、2012年9月中間期の経常損益で160億円の赤字を予想していたが、リストラ効果などから300億円の黒字となると発表した。

売上高は国内企業のIT投資が堅調に推移する中で、売上高は前回予想を480億円上回る1兆4480億円となった。

収益では、想定以上の売上げとなったのに加え、経営再建のための構造改革の効果、全社挙げてのコスト削減、液晶ディスプレイ関連の特許売却によるその他事業の改善などによって営業利益は前回10億円を予想していたが470億円となる見通し。

当期損益は240億円の赤字を予想していたが80億円の利益を確保できた模様だ。