『リーフ NISMO RC』と、ドライビングを担当する柳田真孝選手。《撮影 石田真一》

日産は東京・お台場で開催している「モータースポーツジャパン2012」の会場に、電気自動車(EV)のレース仕様である『リーフ NISMO RC』を展示するとともに、同乗走行イベントの車両としても提供した。

リーフ NISMO RCは、市販されている『リーフ』とまったく同じモーターやバッテリーを使用しながらも、カーボンモノコックやパイプフレームで構成されたボディを持ち、大幅な軽量化を図っている。EVによるレースを将来的に実現させるため、NISMOによって車両開発や研究が今も進められている。

日産ファン向けのイベントではプロのレーサーがドライブする走行シーンがすでに公開されているが、今回のモータースポーツジャパンの会場で行われる同乗走行イベントでは一般の来場者もリーフ NISMO RCに助手席に乗り、クルマの性能と、レーサーによるドライビングを体感することができた。

リーフ NISMO RCの同乗走行のドライバーはSUPER GTに参戦している柳田真孝選手が務めた。GT500クラスで『GT-R』を駆り、日産車で2年連続のチャンピオンとなった柳田選手の神技ドライビングを至近距離で堪能するというのも、これまた貴重なチャンスとなった。

モーターやバッテリーは市販車としての『リーフ』と同じだが、スタイリングはかなり異なる。《撮影 石田真一》 背後にはバッテリーやパワートレインがあり、キャビンは他のレースカーと比べても狭い部類。《撮影 石田真一》 シンプルな運転席。基本的にアクセルとブレーキだけで操作。《撮影 石田真一》 加速開始と同時に最大トルクを発する。エンジン音をさせず、ぐいぐいと加速していくその挙動は未知の感覚。《撮影 石田真一》 車内ではモーターの音より、タイヤが跳ね上げる小石の音の方が際立っていた。それほどに静か。《撮影 石田真一》 カウルを外し、充電するシーンはJAFブースで見られる。《撮影 石田真一》 パワートレインは市販リーフと同一。ただし、NISMO RCはリア駆動となる。《撮影 石田真一》 リーフ NISMO RCの驚異的な加速性能を見るにはジムカーナイベントの方が向いているかもしれない。《撮影 石田真一》 同乗走行は一般を対象としているので限界もあるけど、ドライバーのみが乗車するこちらの方がキュンキュンと回っています。《撮影 石田真一》