ヒーレー・シルバーストーン ドライバーは、パリダカールラリーで日本人初の総合優勝経験者である篠塚健次郎氏《撮影 内田千鶴子》

10月19日、関東地区で毎年秋に開催されているクラシックカーイベント、「ラ・フェスタ・アウトゥンノ2012」がスタートした。

このイベントは、「ラ・フェスタ・ミッレミリア」としてこれまで開催されてきたが、昨年より、名称をラ・フェスタ・アウトゥンノと変更し、再スタートしたもの。因みにアウトゥンノとはイタリア語で秋を意味する。

1919年から1967年までに製造されたオリジナルクラシックスポーツカーが参加資格を持ち、今年は95台のエントリーを数えた。

明治神宮(東京都渋谷区)をスタートした参加車たちは一路長野県軽井沢を目指した。翌20日は長野県を基点に群馬、新潟まで足を伸ばす。21日は、長野県軽井沢から山梨県、静岡県を経由し神奈川県箱根まで。そして、最終日である22日は明治神宮へゴールと、合計1200kmをクラシックカーで走破する予定である。

快晴に恵まれたスタート当日、参加車たちは早朝からスタート地点である明治神宮に集合。多くの観客に見送られながら、順次明治神宮を後に、1200kmの旅へ出発して行った。その中にはタレントで、このイベントの常連である堺正章氏や近藤真彦氏。アーティストの横山剣氏、元F1パイロットの鈴木亜久里氏や片山右京氏の姿も見られ、観客の歓声に応えていた。

アルファロメオ・6C2300《撮影 内田俊一》 MG・PAスペシャル《撮影 内田千鶴子》 フィアット・508S《撮影 内田千鶴子》 フィアット・バリラ ベルリネッタ ミッレミリア《撮影 内田千鶴子》 トライアンフ・TR2 ドライバーはマッチこと近藤真彦氏《撮影 内田千鶴子》 マセラティ・200S ドライバーは堺正章氏《撮影 内田千鶴子》 オースチン・ヒーレー100/4 BN2 ドライバーは横山剣氏《撮影 内田千鶴子》 MG・マグナK《撮影 内田俊一》 シアタ・アミカ《撮影 内田俊一》 MG・TD《撮影 内田俊一》 トライアンフ・TR2 ドライバーはマッチこと近藤真彦氏《撮影 内田俊一》 フェラーリ・330GT 2+2《撮影 内田俊一》 ブガッティ・T35《撮影 内田千鶴子》 MG・PAスペシャル《撮影 内田千鶴子》 フィアット・8V《撮影 内田千鶴子》 パッカード・クリッパー カリビアン《撮影 内田千鶴子》 堺正章氏とマセラティ・200S《撮影 内田千鶴子》 ブガッティ・T35B《撮影 内田俊一》 フィアット・501S《撮影 内田俊一》 BNC・527モンツァ《撮影 内田俊一》 ブガッティ・T35B《撮影 内田俊一》 ラリー・N.C.P《撮影 内田俊一》 DB・HBR《撮影 内田俊一》 フィアット・モンテローザ スパイダー《撮影 内田俊一》 ジャガー・XK120《撮影 内田俊一》 アーティスト、横山剣氏が駆るオースチン・ヒーレー100/4 BN2《撮影 内田俊一》 アルファロメオ・ジュリエッタ スプリント ヴェローチェ《撮影 内田俊一》 ランチア・フラミニア スポルトザガート  ラ・フェスタ・アウトゥンノ2012開催《撮影 内田俊一》