日産 ノート《撮影 諸星陽一》

実際に街中に停めて眺めてみると、豊かな面質で、2次元の印刷物で見るより存在感がある。『フィット』や『ラクティス』と見間違う心配はなさそうだ。

「メダリスト」の名の是非はともかく、専用色のビートニックゴールド(M)も、あまり見かけない「おや!?」と目を惹く色。メッキのドアハンドルもいい。

…と、そこまでやるなら、さらに「優しさ」にもコストをかけてもいいのでは?とも思った。たとえば明るくホッとするようなベージュの内装色や、標準車とは明らかに別チューンのしっとりした乗り心地など。装備の差ではなく、走りの味付けやセンスで、標準車との違いを際立たせるとなおいい。

ラゲッジスペースは床板を簡単な操作で動かせ、深くもフラットにもできる。足元が広く、クッションも比較的厚みのある後席はまずまずの快適性。走りっぷりは、スーパーチャージャーの有無を除いても、同じ3気筒+CVTの『マーチ』より音・振動は格段に小さく、街中での加減速もかなりスムースなことが実感できる。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年より『GOLD CARトップ・ニューカー速報』の取材/執筆を皮切りにフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。

日産 ノート《撮影 諸星陽一》 日産ノート《撮影 青山尚暉》 リヤコンビランプはけっこう個性的。《撮影 青山尚暉》 日産 ノート《撮影 諸星陽一》 日産 ノート《撮影 諸星陽一》 日産 ノート《撮影 諸星陽一》 日産 ノート《撮影 諸星陽一》 日産 ノート《撮影 諸星陽一》 日産 ノート《撮影 諸星陽一》 日産 ノート《撮影 諸星陽一》 日産 ノート《撮影 諸星陽一》