17日午後3時ごろ、和歌山県紀の川市内の県道を走行中の軽乗用車が路外に逸脱。縁石に接触した弾みで道路右側の歩道へ乗り上げ、下校中の小学生2人に衝突する事故が起きた。2人は重軽傷。クルマを運転していた71歳の女性も重傷を負っている。

和歌山県警・岩出署によると、現場は紀の川市粉河付近で片側1車線の直線区間。軽乗用車は路外に逸脱して道路左側の縁石に接触。この弾みでコースを変えて対向車線側へ逸脱。そのまま道路右側の歩道に乗り上げ、下校中の小学2年生の女児2人に突っ込んだ。

はねられた2人のうち1人は頭部を強打。ドクターヘリで和歌山市内の病院へ搬送されたが、意識不明の重体。もう1人は肩などを打撲する軽傷を負った。クルマは大破し、運転していた同市内に在住する71歳の女性も骨盤などを骨折する重傷を負っている。

事故当時、現場付近では強めの雨が降っており、警察ではクルマがスリップしたうえ、運転していた女性が急ハンドルを切ったことが事故につながったものとみて、女性の回復を待って自動車運転過失傷害容疑で事情を聞く方針だ。