デビッド・クルサード(参考画像)

今週末のホッケンハイムでDTM最終戦が行われるのを前に、デビッド・クルサードが今季限りでモータースポーツ引退を表明した。クルサードは英国籍のスコットランド人で41歳。ここまでのレーシングキャリアでF1はマクラーレンで優勝13回、2010年からはメルセデスからDTMに参戦している。

「このウィークエンドが僕のモータースポーツ最後のレースとなる。これからはトラック外のビジネスに専念し、家族と過ごす時間を増やしたいと思っている。ノルベルト・ハウグと、メルセデス・モータースポーツが僕ににチャンスを与えてくれたことを感謝したい。それからウイングス・フォー・ライフ基金の広告スペースを分けてくれたおかげで、脊柱損傷患者のための活動がより広く認知してもらえた」

1989年にフォーミュラ・フォード1600でレースデビューしたクルサードは、その後、国内タイトルと同時にマクラーレン・オートスポーツBRDCの初代受賞者となった。後にウィリアムズF1チームのテストドライバーに抜擢された。1994年イモラのアイルトン・セナの死によってウィリアムズのシートを手に入れると、1995年ポルトガルで初優勝を挙げた。翌年のマクラーレン移籍後は12回の勝利を積み上げ、2001年はワールドチャンピオンを争い2位に終わっている。2005年にレッドブルに移籍するとチームに初のポディウムフィニッシュをもたらし、F1歴代5位のスタート246回を数えた2008年ブラジルを最後に、F1キャリアを閉じた。

F1引退後は、BBCの解説者を務める一方でDTMに参戦し、AMGとレッドブルのアンバサダーを兼任した。今回の現役レース引退後もアンバサダーの仕事は続けるという。