ピレリ

ピレリがF1に供給する来季仕様の変更方針が明らかにされた。今、F1参戦チームが危惧するのはタイヤ対応に振り回された今季序盤戦の混乱の再来だ。

ピレリ側が2013年レースをよりエキサイティングにするためにタイヤコンパウンドと構造の変更を予告したのと同時に、チーム側にはデザイン対応の時間を与えるためこれらの情報が前年よりも早く伝達された。

今季のピレリタイヤの作動レンジの狭さ故にチーム側は対応に苦慮したわけだが、来季型に関しては改良されるという。ただし、F1エンジニアたちも一方では2012年の準備が不十分であったことを認めている。

パディ・ロウ(マクラーレン)のコメント。

「従来のピレリタイヤに関するデータが揺るいだというのがチーム側の受け止め方であり、教訓でもあります。今春の変化はあまりにも急激でした。事前に公開されていたデータからはハッキリと予想できなかったのも事実です。このことが現時点でエンジニアたちを警戒させている理由です」

「今回示されたデータのうち、重量や外形寸法といった明確な事柄は開発に取り入れることができますが、コンパウンドの挙動が使用過程でどのように変化するかといったデータは一切なく、実際に自分たちでテストして調べる以外にはありません。おそらく手間も時間もかかる作業になるでしょうね」

マーク・ギラン(ウィリアムズ)も同調するコメントを発した。

「来季に何が起こるかを予想する材料すべては提供されていません。もちろん、われわれにとってはもっとも関心のある事柄です。2012年シーズンの変化を読み違えていたのかと問われれば、おそらくその通りです。エンジニア側でこういうシーズンの展開を明確に予想をしていた者は誰もいませんでしたから。でも、確かにF1レーシングはエキサイティングになりましたけどね」

ピレリF1タイヤ(2012年)