ミハエル・シューマッハ(2012年ヨーロッパGP)(参考画像)

ミハエル・シューマッハは、今季末にF1を引退したら、他のカテゴリーも含めてレースをすることはないと明言した。

7度のワールドチャンピオンは、メルセデスAMGでの3年間を限りにF1から引退すると10月初旬に宣言していた。シューマッハは2006年の終りにも一度F1から引退したが、2010シーズンにメルセデスAMGからカムバックした。一度目の引退後は、スーパーバイクのドイツ選手権など一連の2輪レースに参加したが、今回はすべてのモータースポーツを辞めると言うのだ。

他のカテゴリーへの転向の意思を尋ねられたのに対し、シューマッハはこう答えた。

「そういう計画はない。情緒的な視点、スピード、完璧な仕事振りといった点でF1を超える目標は存在しないよ。F1以外のクルマに乗っても僕の気持ちは同じようには奮い立たないだろう。今回は完全なお仕舞いだ」

「もしかしたら北米で馬に乗る可能性はあるかもしれないね。妻のコリーナが数年前から競技をやっているんだけど、もう僕の乗る馬を選んであるらしいから、それなら乗ってみようかという気持ちになっているよ」

F1引退の決断に悔いはないと語るシューマッハは、むしろ無事にキャリアを閉じることができてホッとしているのだそうだ。F1史上最も成功したドライバーである彼は、二度目のF1参戦で良き敗者であることの難しさを悟ったと語る。

「安堵は感じるが、後悔はまったくない。ここまでの成果を心地よく思い出す気持ちだけだ。今から先の人生には限りない可能性があると思っている。自分の人生をバックミラーで覗くと、そこには、幸せそうな笑顔をたたえた僕がいる。僕のキャリアははっきりと二つの時期に分けることができるだろう。ひとつ目のそれは、すべてを手に入れることのできた時期。ふたつ目のは敗北の意味を思い知らされた時期だ」

「美しい負け方を知ったことで、僕は成熟して我慢強くなったと思う。年齢を重ねたせいもあるのだろうね。今日はこれまでやってきたことにとても満足な僕がいるよ」

ミハエル・シューマッハ(メルセデスAMG)(参考画像) ミハエル・シューマッハ(2012年 日本GP)(参考画像) ミハエル・シューマッハ(2012年 日本GP)(参考画像) ミハエル・シューマッハ(2012年 日本GP)(参考画像) ミハエル・シューマッハ(2012年 日本GP)(参考画像) ミハエル・シューマッハ(2012年 日本GP)(参考画像) ミハエル・シューマッハ(2012年ヨーロッパGP)(参考画像) ミハエル・シューマッハ(2012年ヨーロッパGP)(参考画像) ミハエル・シューマッハ(メルセデスAMG)(参考画像) ミハエル・シューマッハ(2012年ヨーロッパGP)(参考画像) ミハエル・シューマッハ(2012年 日本GP)(参考画像)