ヤマハ・Mio125i

ヤマハ発動機は、同社独自のフューエルインジェクション「YMJET-FI」を備える水冷4ストローク125cc ATエンジンを搭載するコミューター『Mio125i』を開発、タイのグループ会社TYMを通じて10月中旬より同市場に導入する。

タイの二輪車市場は年間約200万台で、この中でATモデルは約5割を占めている。2010年から同社が販売している現行ATモデル『Mio125』は、タイ国内で累計約18万台を販売。その後継モデルが今回導入するMio125iで、2012年春より同市場に導入した『Mio115i』『TTX』『NOUVO SX』と同じく、同社の中期成長戦略「アセアン二輪車における商品力・収益力向上」の取り組みのひとつとなるモデルだ。

Mio125iは、現行モデルの持つ優れた走行性や収納性などの実用機能を受け継ぎながら、新たに「YMJET-FI」を採用することで燃費向上。また、スムーズな加速性能を発揮するエンジンと、従来比3kg減の軽量ボディで、軽快な走りを実現する。

販売計画は年間6万台。

ヤマハ発動機・柳弘之社長(参考画像)≪撮影 小松哲也≫