光岡・雷駆-T3《撮影 内田俊一》

光岡自動車から発売が開始された新型電気自動車『雷駆-T3』は、宅配を含むデリバリーサービス向けをメインに開発されたモデルである。

そのデザインについて、光岡自動車代表取締役会長の光岡進氏は、「電気というと力が無いんじゃないかと思われがちなので、最初のデザインはガンダムのような、すごく馬力のあるロボット的なデザインにしました」と述べる。しかし、「よく考えるとこれからは女性も小口配達をするでしょうし、大都会のガラス張りのビル街での配達も多くあるでしょうから、そういったところでも似合うようなデザインと、女性が好むようなデザインを考えて変更しました」という。

また、ミツオカR&Dデザイナーの渡辺清和さんは、このデザインの特徴について、「これまでの光岡自動車のデザインとは変えています」と話す。その理由は、「実際に光岡自動車の名前がおもてに出るのではなく、(雷駆-T3を)使っている企業の名前が映えるようなデザインにしたのです。従って、面構成も単純な面にすることで企業の名前が映えるようになっています」と語った。

光岡・雷駆-T3《撮影 内田俊一》 光岡・雷駆-T3《撮影 内田俊一》 光岡・雷駆-T3《撮影 内田俊一》 光岡・雷駆-T3《撮影 内田俊一》 ミツオカR&Dデザイナーの渡辺清和さん《撮影 内田俊一》