16日午前10時45分ごろ、東京都江東区内のゴミ選別場で、選別作業を行っていた作業員が高齢男性の遺体を発見。警察に届け出た。この男性は前夜に東京都墨田区内で路上清掃車に巻き込まれた疑いがあり、警察が調べを進めている。

警視庁・交通捜査課、東京湾岸署によると、遺体が発見されたのは江東区青海付近にある中央防波堤外側埋立地。埋め立て用に持ち込まれたコミの選別作業を行っていたところ、道路清掃で集めたゴミの中に埋もれた状態で発見されたという。死亡したのは墨田区内に在住する69歳の男性とみられている。

ゴミを持ち込んだのは民間の清掃会社で、15日夜から16日早朝に掛けての間、墨田区内の区道を中心に路上清掃を行っていたことがわかった。警察が清掃車が走行した区間を調べたところ、墨田区押上付近の区道で死亡したとみられる男性の靴を発見した。

清掃車は直径約80cmのブラシで路面を清掃しながら、約10km/hの速度で走行。この際に回収したゴミはローラーを介して車内のタンクに一時保管される。ゴミ回収口は横約120cmで縦が約30cm。バー状の安全装置があり、大きなものが入った場合には運転席でブザーが鳴る仕組みになっているが、運転者はこれを聞いていないようだ。

警察では運転者や関係者から事情を聞くとともに、事故発生の経緯を詳しく調べる方針だ。