津谷ブリヂストンCEO

ブリヂストンの津谷正明CEOは10月18日、グローバル研修センターで開催した「中期経営計画2012」の発表会見で、記者団に対して「ブリヂストンは(日本製というより)グローバルブランドという認識を持ってもらっており、販売に影響は出ていない」と述べた。

領土問題の影響で、中国では日本車などの日本製品の不買運動が起こっており、日系自動車メーカーは生産調整している。

津谷CEOは「ブリヂストンはファイアストンも展開していることもあって、日本のタイヤメーカーとの認識されていない。他の日系タイヤメーカーと違って、日米が合わさった企業のイメージが強いようだ」としており、同社製タイヤの不買運動は起こっていないと説明した。