光岡・雷駆-T3《撮影 内田俊一》

光岡自動車が発売を開始した、新型電気自動車『雷駆-T3』のデザインは、購入した企業などの名前が映えるようデザインされている。

ミツオカR&Dデザイナーの渡辺清和さんは、雷駆-T3のキャラクターを踏まえ、「光岡自動車自体をアピールするクルマではなく、使ってもらう企業の名前が映えるようなデザインがふさわしいだろうと考えました」と述べる。

一般の人たちの電気自動車のイメージは、パワーが無いと思われていると考え、当初は力強いガンダムチックなデザインであった。また、光岡としての個性も必要だという要望もあった。しかし、渡辺さんは、「クルマとしての用途が違うので、ここはきっちり区別をしなければいけないと思いました」。そこで、改めて提案をした結果、現在のデザインが採用になったのだ。

また渡辺さんは、「実用車を基本と考えていたので、使いやすく乗り回しやすく、かつ、無個性だと目立たなくなってしまうので、そのあたりは気をつけてデザインしました」と話す。「一見見るととてもシンプルな形だが、他とは違うデザインを入れています。ぱっと見るとレトロっぽくも見えますが、その中に新しさも感じてもらえると嬉しいです」と述べる。

そして、「街中で使われるのですから、デザインにアグレッシブさは必要ありません。そうなると街中の人たちは(無意識に)見ないようになってしまうでしょう。逆に、吸い込まれるような優しい感じに出来ればいいなと思いました」とその想いを語った。

光岡・雷駆-T3《撮影 内田俊一》 光岡・雷駆-T3《撮影 内田俊一》 光岡・雷駆-T3《撮影 内田俊一》 光岡・雷駆-T3《撮影 内田俊一》 光岡・雷駆-T3《撮影 内田俊一》