光岡・雷駆-T3《撮影 内田俊一》

光岡自動車は、10月18日より、新型電気自動車『雷駆-T3』の発売を開始した。この電気自動車は小口配達に便利なように設計されている。

SGモータース代表取締役社長の谷本育生氏によると、「既に型式認定を取る前の3台を譲ってもらい、運送事業者として使えるような形に架装し、2台を実戦投入しています」という。同社は、佐川急便の兄弟会社として車両管理を行っているため、実際に小口配達用として投入したのだ。

「今後の予定としては1年間をめどに、消耗部品の消耗度、保安基準関係で不具合が出ないかを確認します。また、電気自動車の最大の問題点だと思っている、走行音がしないことによって、どういった影響が周辺環境に対して起こるのかを確認します」とする。

そして、「大都市近郊にあるサービスセンター(自転車や台車などで小口配達を行う拠点)に投入することで、そのサービスセンターの集配ポテンシャルがどの程度向上するのか。また、このクルマを投入することによって、ディーゼルトラックなど化石燃料を使ったCO2を排出するトラックをどのくらい削減できるのかを踏まえ、グループの中に提案をしていきたい」と語った。

光岡・雷駆-T3《撮影 内田俊一》 光岡・雷駆-T3《撮影 内田俊一》 光岡・雷駆-T3《撮影 内田俊一》 光岡・雷駆-T3《撮影 内田俊一》 光岡自動車代表取締役会長の光岡進氏(右)、SGモータース代表取締役社長の谷本育生氏(中)、ユアサM&B電気自動車部部長の橋本篤実氏(左)《撮影 内田俊一》