フォルクスワーゲン ティグアン

欧州の自動車最大手、フォルクスワーゲングループは10月12日、2012年1‐9月の中国(香港を含む)における新車販売の結果を公表した。アウディ、シュコダなど、グループ全体で約200万台を販売。前年同期比は18.3%増と伸びた。

ブランド別では、フォルクスワーゲンの乗用車部門が2012年1‐9月、152万台を販売。前年同期比17.2%増を記録する。このうち、ドイツなどからの輸入車は36%増の5万9500台。『トゥアレグ』や『シロッコ』、『パサートワゴン』などが含まれる。

アウディは2012年1‐9月、中国で29万7100台を販売。前年同期比は31%の大幅増だ。現地生産の『A6L』、『A4L』、『Q5』が前年同期比30%の伸び。とくに、Q5は67%と大きく増加。A6Lも43%増の9万6100台を売り上げた。

シュコダは2012年1‐9月実績は、前年同期比6.8%増の18万1900台。このほか、ベントレーは1490台、ランボルギーニは237台を販売している。

フォルクスワーゲン パサート フォルクスワーゲン ラヴィダ