トヨタ自動車のタイにおけるエンジン生産会社であるサイアム・トヨタ・マニュファクチャリング(STM)は、新興国における需要の高まりに対応するため、2015年より、IMV系車両搭載用のディーゼルエンジンの年間生産能力を約29万基増強することを発表した。

これにより、STMのディーゼルエンジンの年間生産能力は、約32万基から約61万基となる。今回の能増のための投資額は約400億円、新規雇用は約450人を予定している。

STM製のディーゼルエンジンは、引き続きタイ国内で生産する車両に搭載するほか、グローバルな供給拠点として、新興国の車両工場に輸出することも検討している。