変わらぬボディに最新のエンジン。まさに昔のライカをデジカメにしたようなモデルである。登場から33年、個人的にも前回の試乗は「ゲレンデヴァーゲン」と呼ばれていた20年近く前。だが、変わらなかった。

とくに前後リジッドアクスルがラダーフレームを微妙にたわませながら走る感覚は以前のまま。ステアリングの手応え、エイヤッ!と気合いで踏み込む感覚のアクセルペダルも同じ。走り出すとかかる自動ドアロックのアクチュエーターのいささか盛大なパシャ!という音、レストランの厨房の冷蔵庫のような重厚なドアの閉まり音、硬めのシート、平板な立ったフロントガラスなど、どれもこれもが昔のままだ。

では何が違うのかといえば加速感だ。2台の試乗車(「G63 AMG」と「G65 AMG」)はそれぞれV8の5.5リットル・ツインチャージャー(544ps/77.5kg-m)、V12の6リットル・ツインチャージャー(612ps/102.0kg-m)を搭載するが、動力性能は物凄いとしか言いようがない。V8でも十二分だが、V12の加速ときたら腹に響くエンジンサウンドを轟かせ、空気抵抗をものともせず約2.6トンのボディをグイグイと前に押し出す。

3段階に効かせられるデフロック付きだから、本来のオフロード性能もまったく犠牲になっていない。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。