和歌山串本ソーラー発電所完成予想図

JFEスチールグループは、三井物産および東京海上アセットマネジメント投信が実施する大規模太陽光発電所のうち、第1期分3か所の建設をフルターンキーで受注した。

グループの設備システム会社であるJFE電制が元請となり、その下で固有技術を保有したグループ各社が複数の「メガワットソーラー発電所」一括受注した。

同発電所は、三井物産と東京海上アセットが第1期分国内計10か所で展開する大規模太陽光発電所事業の一環で、このうちJFEスチールグループが受注した発電所は、山口県山口市(発電能力3.5MW)、山口県田布施町(同3MW)、和歌山県串本町(同1.8MW)の3か所。山口県田布施町、和歌山県串本町は2013年3月、山口県山口市は2013年6月の稼動を予定している。

今回の案件では、JFE電制がシステム設計・電気工事施工を、JFEシビルが架台・基礎の設計・施工を、 JFE鋼板が架台材料となる高耐食溶融亜鉛めっき鋼板「JFEエコガル」の供給を、JFE鋼管が架台部材の鋼管への成型を担当する。

JFEスチールグループでは、各社の技術を生かして、今後さらなる受注拡大を図っていく。

JFEスチール(webサイト)