サイオン iQ EV(日本名:トヨタ eQ)

トヨタ自動車が9月24日に発表した『iQ』をベースにしたEV、『eQ』。同車の米国仕様、サイオン『iQ EV』は、米国ではカーシェアリング用車両として導入されることが分かった。

これは10月17日、トヨタ自動車の米国法人、米国トヨタ販売が明らかにしたもの。「サイオンiQ EVを、大学や都市部のカーシェアリングプログラムに導入する」と発表したのだ。

もちろん、米国向けのiQ EVにも日本同様、企業や官公庁向けのフリート車として導入されるモデルがある。しかし、それ以上に米国トヨタ販売が重視しているのが、カーシェアリングでの活用である。

米国トヨタ販売のクリス・ホステラー副社長は、「現時点でのEVは、コストや航続距離などの利便性に課題がある。iQ EVは、短距離走行のアーバンシティコミューターに特化したEVだ」と話す。

米国トヨタ販売は合計90台のiQ EVを導入し、そのうちの何割かをカーシェアリングプログラムに割り当てる計画。パートナーとなる大学名などに関しては、後日発表するとしている。

サイオン iQ EV(日本名:トヨタ eQ) サイオン iQ EV(日本名:トヨタ eQ) サイオン iQ EV(日本名:トヨタ eQ) サイオン iQ EV(日本名:トヨタ eQ) サイオン iQ EV(日本名:トヨタ eQ) サイオン iQ EV(日本名:トヨタ eQ)