東京湾へと注ぐ荒川を渡る京葉線 並んで首都高湾岸線と湾岸道路も《撮影 大野雅人》

JR東日本は10月17日、京葉線の強風時輸送障害のさらなる低減を目指すため、潮見〜葛西臨海公園間と二俣新町〜南船橋間の防風柵整備を10月末までに完成させると発表した。

同社では、東京湾岸を走る京葉線において、強風時の列車の安全性を確保するため、強風に対する運転規制を実施している。

これまで京葉線や内房線など、海沿いに位置する一部線区では、運転規制にともなう輸送障害が多く発生することから、輸送の安定性向上を図るため、防風柵の整備をこれまで進めていた。

東京湾岸を走る京葉線からの車窓《撮影 大野雅人》 東京湾岸を走る京葉線からの車窓《撮影 大野雅人》 京葉線の優等列車「わかしお」《撮影 大野雅人》